独自の世界観で適当に書きなぐります。

2018年06月      -  SITE3+  -  BBS  -  FLASH GAMES -  MAIL  -
2018年05月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018年07月

<< プルトニウム300kg不明  | TOP |  入力文字列の前後のスペースを削除 >>

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


プロフィール

プロフィール

HN:無s刀
性別:♂
年齢:20かそこら
肩書:大学院生
居住:大阪府

写真はモンゴル


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索


リンク


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / --.--.-- --:--

記録をタイムでとる時には19.00秒などと表示したくても勝手に19秒になってしまいますね。それでお困りのアナタにオススメのscriptです。


function s_dig(num, di, s) {
var num0 = Number(num*Math.pow(10, di));
if (Math.floor(num0) != Number(num0)) {
num0 += Number([0, 0.5, 1][s]);
}
String(num0).indexOf(".") != -1 ? num0=Math.floor(num0) : 0;
var n0 = String(num0).slice(0, num0.length-di);
var n1 = String(num0).slice(num0.length-di);
if (n0 == "") {
n0 = "0";
}
while (n1.lengthn1 = "0"+n1;
}
if (n1 == "") {
return n0;
} else {
return n0+"."+n1;
}
}

####使用法####
s_dig(数値1, 数値2, 数値3)

数値1:指定した有効数字に変更したい数値
数値2:小数点以下の桁数、1以上の整数
数値3:有効数字以下の数値の取り扱い
0:切捨て 1:四捨五入 2:切り上げ

####戻り値####
文字列

s_dig(num, di, s)のnumに数字、diに桁数を入れます。
有効数字以下の数値はsによって
s=0:切捨て,s=1:四捨五入,s=2切り上げ
のようになります。

sample

スポンサーサイト

flash tips / 2005.11.30 23:22 / TB[0] / CM[0]





:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する



VISITORS TOTAL TODAY YESTERDAY
* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。