独自の世界観で適当に書きなぐります。

2017年03月      -  SITE3+  -  BBS  -  FLASH GAMES -  MAIL  -
2005年11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2005年12月

<< 事業プレゼン  | TOP |  ARCを掲載させてください >>

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


プロフィール

プロフィール

HN:無s刀
性別:♂
年齢:20かそこら
肩書:大学院生
居住:大阪府

写真はモンゴル


カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索


リンク


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / --.--.-- --:--

 オランダのアムステルダム自由大学の研究チームは15日(現地時間)、極小の無線タグにコンピューター・ウイルスを植え付けるのに成功したと発表した。無線タグは、JR東日本の『Suica』のようなシステムを実現する技術で、普及が期待されているが、チームはウイルス対策が急務と訴えている。

 無線タグは、小さいものでは数ミリ四方のIC。この中に情報を記憶させて、カードや荷札、動物などに埋め込む。読み取り機に近づけるだけで、情報を確認できるので、管理の効率化に役立つ。記憶容量が小さいのでウイルスが入り込む余地はないと考えられていたが、植え付けに成功したという。

 実験したのは、アンドリュー・タネンバウム教授と学生らで、イタリアで開かれた専門家の会合で成果を報告した。植え付けたウイルスは、『SQLインジェクション』と呼ばれる手口で、無線タグ・システムのデータベースを改ざん。読み取り機を通じて他の無線タグに感染が広がるため、パソコンのウイルスに匹敵する威力を持つ。

 航空会社は、荷札に無線タグを組み込む試験を始めている。しかし、乗客の荷札がウイルス感染すれば、その日のうちに世界に広がりかねない。各国の空港が混乱し、そのすきにテロリストが危険物を持ち込む恐れもあると、研究チームは警告した。

wired news


 無線ICタグに入り込むウィルスが開発可能であるということが判明したらしい。
 わはは、遂にICタグも安全とは言えない時代になってしまったようだ。まあ、笑い事ではないが。技術が進歩することで、社会としては逆に脆くなる側面もあるということ。ユーザーが十分にそれを認識していなければ大変なことになる。停電でデータが飛んで会社が倒産という事例もあるしね。同じくデータストレージ関連で言えば、古いメディアに入ったデータが復元不能になったという話も良く聞く。
スポンサーサイト

IT関連 / 2006.03.17 09:23 / TB[0] / CM[0]





:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する



VISITORS TOTAL TODAY YESTERDAY
* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。