独自の世界観で適当に書きなぐります。

旅行      -  SITE3+  -  BBS  -  FLASH GAMES -  MAIL  -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


プロフィール

プロフィール

HN:無s刀
性別:♂
年齢:20かそこら
肩書:大学院生
居住:大阪府

写真はモンゴル


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索


リンク


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / --.--.-- --:--

 そして夜が明けて昼になり、漸く目が覚めた。天井が回っています。世界が回っています。地球が回っています。太陽系が回っています。全てがspinしながらrevolveしています。要するに飲みすぎです。

 適当にミカンやら何やらを適当に腹に詰込み、黒島探検に出発した。最初の目的地は牛の初競り。黒島では牛の種付けから飼育が盛んで、これが日本各地に出荷されて、その地の名産の牛となるのである。即ち、神戸牛や松坂牛の中には黒島で生まれた牛もいるのである。黒島で生まれた牛は三ヶ月ほど育てられ、競りにかけられる。このときの体重はおよそ270kgである。大体36万円前後で落札される。牛によっては高い値がついたり或いは安く売られてしまうこともある。しかし、素人の目では、どのようにして値段が決まっているのかがまったくわからない。
 競り終了後、会場の近くにあるレンタサイクルへと向かった。といっても歩いて一分程度の至近距離であるが。そして、おばちゃんと雑談をかねた値段交渉をした結果、破格の値段で借りることができた。
 おばちゃん曰く「牛飼いを生業とすることほど幸せなことはない。牛とともに寝起きし、牛のことを心から思いやる。その中で日々が過ぎていく。生活も比較的安定し、金銭的困窮もない。心から癒される職業である。」とのこと。それを聞いてますます黒島が好きになった。流れる時間の長さが違う。本州とも違えば、石垣島とも違う。美しい世界である。

 さて、レンタサイクルの値段交渉も無事に終わり、研究所へと帰宅する。そしてしばし休息の後に黒島探検へと出発した。 まずは、腹ごしらえが重要とのことで、ハートランドへと向かった。そしてカレーを食す。粘性の低いルーに鳥の手羽先が入ったカレーはまさに美味である。実はこのカレー屋、昨晩の飲み会で聞きだしたおススメスポットなのである。飲兵衛の一人が語ってくれた。パームツリーもうまい飯を食わせてくれるという情報があったが、残念ながら工事中であった。そしてカレーを食して一服。南国の陽気に眠気を誘われながら、しばし歓談を楽しんだ。
 いよいよ黒島探検に出発である。探検といっても、せいぜい直径2km程度の小さな島である。だがその小ささがレンタサイクルで見て廻るに適正な規模なのである。そこには牛だらけの独特の世界が延々と広がる。中には開発中の牧場も数多く存在する。そこは重機が置かれていたり、地面が荒れていたりしてすぐに開発中とわかる。そして時折出会う孔雀の大群がその不思議な世界観をいっそう際立てるのである。中には白い孔雀も数羽いるようで、見かけたときには感動した。
 するうちに海岸へ降りていく小道の前を通りかかった。サンゴの海が美しい。そして何故か縄を首につけたヤギ。シュールなコントラストを奏でていた。しかし、不運にも満潮の時間帯であったため、リーフの上を歩くことはできなかった。残念。
 次に向かったのは黒島灯台。更に自転車を漕ぎ、付近のウタキ(御嶽)で小休止。そして、更に日本の道百選の道を進んだ。突然現れた展望台に登り、360度のパノラマを満喫した。周りに小さな島がいくつも見える。展望台の足元には周辺の島との位置関係が記されている。あれが、波照間島であれが西表島で…と、島々に思いを馳せた。その展望台の近くには乾振堂がある。そこで写真を数枚。すぐそばにあった学校で写真を数枚。
 伊古桟橋へ向かう。最早使われることのない桟橋。距離は目測で150mといったところだろうか。ところどころ崩れているが、構わずに先端へと向かった。先端にたどり着いたところで何もない。何もないが風情のある景色である。海側を見ても島側を見ても風情にあふれている。
 探検を満喫し、最後に向かうのはハートランド。コーヒーをいっぱい飲みながらゆっくりしたいとの気持ちがそこへ向かわせた。すると、偶然にも三線の名手に出会ったのである。そこで、三線を教わり、黒島の過去の話を聞いた。戦後は3000人近い人で賑わっていたという話であり、川がないことからマラリアが入り込めなかったという話であり、現在は人口減に歯止めがかからず220人程度まで減少してしまったという話であり、島の歴史である。話を聞いて、「アイスのてんぷら」を食した。更にしばらく語り、三線を習った。
 そのままレンタサイクルをゆったりと漕ぎながら研究所に戻った。T氏は眼鏡を落として割るというアクシデントに見舞われて、僅かに立腹していた。
スポンサーサイト

旅行 / 2006.01.14 08:35 / TB[0] / CM[0]

写真はありません。
もう滅茶苦茶でした。
とにかく無茶苦茶でした。

飲みすぎ。


半死半生の状態で、WK氏に移送されました。

旅行 / 2006.01.13 23:20 / TB[0] / CM[0]

黒島研究所のWKさんと亀Dさんが迎えに来た。黒島研究所では、海亀を中心として、黒島の生物の研究をしている。どうやら海亀研究に携わっている人というのは名前に「亀」がつく人が多いらしい。激しい雨の中、小さな黒島を車で走ること数分、黒島研究所に到着。
黒島地図
黒島の地図、人口は約220人

この時点で午後5時。流石に疲れたのでしばらく何もせずにボーっとして過ごすことになった。離島には離島ならではの悩みがあるらしい。WKさんの話や愚痴などを聞きながら小一時間が過ぎた。

なんと黒島には野生化した孔雀が何羽もいるらしい。研究所でも捕らえた孔雀を保護しているとのこと。観光客を呼び込むための宣伝にも使われているようだ。しかし、実際は生態系を狂わせるということで駆除したいのだが、鳥獣保護法があるために駆除はできないらしい。外来種に鳥獣保護法を適応させなければならないとは。それで「保護法」とはなんとも皮肉なネーミングセンスであろうか。
黒島研究所 孔雀
黒島研究所の孔雀

黒島研究所 なまこ
近海で獲れたナマコ。
中国では高級食材。

黒島研究所 亀剥製
亀の剥製。でかい。

黒島研究所 亀水槽
亀の水槽

そうこうするうちに、丁度腹が減ってきた。と、いうわけでWK氏、亀D氏とともに夕食に出かけることに。とはいっても食事処というのは数える程しかない。数少ない食事処のなかから、「はとみ食堂」を勧められ、そこに行った。とにかく、よくわからないメニューだらけである。何を食べてもうまいとのことで、適当に注文をしてみた。
へちまみそ
へちまみそ定食

ちゃんぽん
ちゃんぽん定食

独特の味がしたがかなり美味である。特にへちまみそ定食などはここでしか味わえない味である。ちゃんぽんは長崎風の麺と野菜の組み合わせを想像していたが、まったく別のものだった。ご飯と野菜と卵の薄焼きという構成であった。美味い安い多いの三拍子揃った良い食堂である。これからも贔屓にしまっせ。
さて、食事も済んで、ほな戻りまひょか、という所で、WK氏の粋な計らいで飲み屋へと方向転換。はてさて。

旅行 / 2006.01.13 19:24 / TB[0] / CM[0]

 早速高速船の切符を買い、船に乗り込む。しかし天候は雨である。強い風が吹き、海面が荒れていた。当然、高速船は激しく揺れた。上下にも左右にもかなり大きな揺れがあった。このような激しい揺れの中で、45分を過ごさねばならなかったのだが、特に船酔いをするということは無かった。寧ろ逆である。激しく揺れるということが次第に楽しくなってくるのである。波を乗り越える度に船体が浮き上がり、激しい衝撃音と共に海面に落下した。そして、浮き上がる瞬間に心の中で祈った。
「もっと飛べ!!!」
とにかく船が飛び跳ねるということを最大限に楽しんだ。途中では隣の航路を走る船との競争になり、更に楽しむことが出来た。そうこうしている内に黒島に到着。以前雨は強く、とりあえずは港の待合室に非難。

高速船3
高速船の中から、外は激しい雨

高速船2
高速船の内装、瀬戸内で使われていた船体を移管してきたらしい
よって中古、ぼろぼろ

高速船1
走行中の高速船

旅行 / 2006.01.13 16:27 / TB[0] / CM[0]

あまりやることがなく暇だったので研究が忙しかったが何とか暇を作り、石垣島へ旅行に行くことに。
まずは伊丹空港から石垣島への便に乗った。

しかし石垣島の天候が悪く、那覇空港へ引き返した。早速のトラブルである。トラブルといっても、特に予定もなく適当に旅をする限りでは寧ろ歓迎したいぐらいである。

那覇空港1
那覇空港の出発ロビー、ツアーの添乗員は大忙し

那覇空港2
那覇空港、搭乗中の飛行機


おかげでJALからは1000円の食事券が支給され、ソーキそばとさーたあんだぎーとかいう揚げ団子、更にはシークワーサージュースまで飲むことができた。
だが、このジュースは曲者であった。なぜならば加重が10%程度しか含まれておらず、残りの90%は香料入り色つき砂糖水と来た。
これには激しく萎えたぜ。

そうやってリラックスムードを漂わせている我々とは対照的に、一方ではツアーガイドの数人が対応に追われていた。
ツアーガイドとは大変な職業である。旅行会社の末端で接客業務を行い、時にはクレーム処理や謝罪の代行までしなくてはならない。飛行機のトラブルがあれば誠にストレスフルである。

走行するうちに、石垣島行きの便に振替輸送させられることとなった。
最高のシナリオというのは、飛行機が欠航になって、JALの懐からの金で那覇市内のホテルに無料で宿泊だったのだが、そこまでの幸運は続かなかったようである。
勿論、それはツアーガイドにとっては不運でしかないのだが。

そして次は無事に石垣島に着陸。ホッとした様な損したような気分である。
かくして我々は無事に石垣島へと強制送還された。

そして荷物を受け取り、郵便局のATMで貯金をおろす。なにしろ所持金1000円未満は厳しすぎる。おまけにクレジットカードが使える店が殆どないという状況である。キャッシュがものをいう世界なのである。

それからまずは宿を探さねばならなかった。一応はテント寝袋持参ではあったが、キャンプ場以外でのキャンプは禁止されているのである。勿論、キャンプをせずに野宿をすれば済む話だが、生憎の雨ではそれも叶わぬ話である。ならばと思い、コネを利用して黒島研究所の廊下にでも雑魚寝をしようと画策した。そこで研究所に連絡を取り、ひとまずは黒島へと向かうことになった。

石垣島(google maps)

旅行 / 2006.01.13 01:14 / TB[0] / CM[0]



VISITORS TOTAL TODAY YESTERDAY
* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。