独自の世界観で適当に書きなぐります。

食文化・食の安全      -  SITE3+  -  BBS  -  FLASH GAMES -  MAIL  -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


プロフィール

プロフィール

HN:無s刀
性別:♂
年齢:20かそこら
肩書:大学院生
居住:大阪府

写真はモンゴル


カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索


リンク


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / --.--.-- --:--

吉野家牛丼復活祭 長蛇の列、徹夜組“ファン”も

 米国産牛肉を使用した吉野家牛丼が18日、1日限定で復活し、店舗によっては長蛇の列ができるなど、人気の根強さを見せつけた。

 復活した牛丼の人気が話題となることで、消費者の米国産牛肉に対する抵抗感がやわらぐ可能性もあり、取り扱いに慎重な流通・外食企業の姿勢に影響を与えそうだ。

 有楽町店(東京都千代田区)では、開店前から100人以上の“牛丼ファン”が列をなした。1番乗りの東大大学院生、梅城崇師さん(24)は「1番に食べたいと思って昨夜から並んだ。絶対に安全な食べ物はなく、牛丼にはリスクを取る価値がある」と話した。

 吉野家ディー・アンド・シーの安部修仁社長は「牛丼を提供できるうれしさを実感した」と強調。次回は10月と11月の1~5日に販売する。

FUJI SANKEI BUISINESS I


9月18日に、吉野家は牛丼復活祭と称して、牛丼を販売しました。メディアが必死に煽っているようですが、このような熱烈なファンというのは実はごく一部の人なのでしょうね。「牛丼はリスクをとる価値がある」というコメントは妙なチグハグ感があって笑えますね。
個人的には、オーストラリア産の牛肉が好きですね。脂身が少なく、肉本来の味がするからです。国産牛は脂身が多すぎます。高級感に惑わされずに自分の舌で味わって評価すれば、やはり脂身が少ないほうがよいのです。物の値段というのは人間が勝手に決めた事であって、本当の価値とは関係が無いのです。
何が言いたいのかというと、僕は吉野家の牛丼が好きではありません。熱烈な牛丼ファンの方の気持ちは理解できませんが、個人的な嗜好ですので、否定したいとは思いません。ただ、テレビ等のメディアの騒ぎ方はアホだと思います。
スポンサーサイト

食文化・食の安全 / 2006.09.19 09:34 / TB[0] / CM[1]

最早政治問題と化している米国産牛肉BSE問題。

危険部位の混入が見つかったとして再び輸入停止措置が発動した。

政治家のコメントを聞いていると、民主党は内閣批判に誘導したいという意図が丸見えである。「輸入を許可した小泉の責任」と、前原氏。

民主党必死だなプ

食文化・食の安全 / 2006.01.21 22:23 / TB[0] / CM[0]

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091134610481.html

 日本酒がアメリカでブームだそうだ。しかし、日本の大手メーカーが日本酒風アルコール飲料を大量生産して、日本酒の地位を不当に低下させているのも事実だろう。大手酒造メーカーは、アルコールで薄めて量を増やしたりという行為をやめて、本来あるべき製造手法で酒造を行うべきだ。大量生産と広告戦略で儲けるというのは、ある種のビジネスモデルとも言える。日本酒というブランドを破壊しながら利益を吸い尽くせば、他の酒の製造に乗り出せばよい。大手メーカーならそれで安泰である。しかし、その安泰というのも近視眼的な観点から得られるものに過ぎない。

 酒造メーカーは、「文化保存」に対しても目を向けねばならない。それこそが、酒造業務に伴う、企業の社会的責任と言えるからである。品質の高い、本当の日本酒を生産して、世界ブランドに持ち上げていくのである。それこそが、日本酒が継続的に大きな利益を生み出すことになり、長期的な利益を生み続けるのである。

食文化・食の安全 / 2005.12.17 00:19 / TB[0] / CM[0]



VISITORS TOTAL TODAY YESTERDAY
* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。